林化成の強み #5 そして、次の100年へ。

未来につながる開発マインド

私たち林化成はタルクのリーディングカンパニーとして、オレフィン系樹脂からエンジニアリングプラスチック、そしてスーパーエンプラ分野まで幅広く展開してまいりました。今後は、高アスペクト比、軽量化などの機能性無機フィラーのさらなる研鑽に努めるのはもちろん、次世代フィラーのR&D活動にも積極的に取り組んで参ります。

開発マインド

林化成では、1世紀にわたる歴史の中で培われてきた粉体技術をさらに進化させ、その時代に応じた多種多様な素材を生み出し続けています。より機能的に、より強く、より美しく。近年では、2010年に核酸医薬研究開発会社である「株式会社ボナック」を設立するなど、常に産業と暮らしの中で求められるニーズをいち早くキャッチし、次代の素材開発に取り組んでいます。

林化成の研究開発について

Pagetop